2014年11月09日

フルの後は全治10日のケガと同じそうですが…

1年ほど前に読んだ本で「フルマラソン後の身体は
全治10日のケガ状態」とありました。

初めてと2回目のフル後は整形外科行きで、
当分走れる状態ではなく。

3回目のフル、名古屋ウィメンズの後は
筋肉痛が出ても2日後には走りたくなりました。
その時、この言葉を受けて10日はおとなしく過ごしました。
実際、筋肉痛は抜けても身体の奥の筋が
まだおかしい感じは残ってたので全治10日は
その通りかもと思った次第。

alls1.jpg

先週の湘南国際。
レース中に動かせなくなる程の痛みが時々出ても、
ちょこちょこ歩幅でも走ったりと、自分なりには
頑張った気でいましたが…

不完全燃焼もいいとこだったようです。
全っ然、身体が燃焼してなかったんです。

思い返すと、心肺が1度もきつくならなかったし。
筋肉痛も大腿四頭筋だけでした。
(痛くて階段下りられなくなったけど)。

筋肉痛の抜けも速かった!
2日で抜けました。
レース中に痛んだ左股関節も、筋肉痛とともに
痛みが消えました。

それですぐに走りたくなりました。
全治10日のケガというのは完全燃焼した
場合のことだよね〜。
痛みがあっただけで疲れてない身体なんだよね。

いやいや、気づいてないだけでやっぱり
全治10日とおもったほうがいいのでは?
そう思い直してウォーキングもやめておいたら
我慢して良かったと思い知ることになりました。

alls2.jpg

大会2週間前に痛めて寸前までかなり痛かった
右股関節の痛みが復活。

筋肉痛はほぼなかったハムストリングスも
右側だけ痛み、今も開脚できず歩くだけでひびきます。
(左が痛んだのはこれをかばって出たと思われます)。
これは整形外科行きかなぁ…
(鍼のいいところがあったら行きたい)。

走りたくなった時点で走ってたら、もっと
悪い状態になってたかもしれません。
全治10日のケガ… 目安にはなるようですね。


確か全治10日には内臓疲労なども含まれてますが
こちらは身体強くて(完全燃焼の走りをしてないし)。

大会後の2日間、やや貧血気味でしたが
金曜に糖尿病クリニック通院ついでに診てもらったら
ほぼ大丈夫でした。

のどその他も診ていただき、すべて大丈夫だったので
帰りにインフルエンザの予防接種も済ませました。
走れない間に受けるのはムダが無くていいかも。

10日経って右股関節が大丈夫になり次第、
ウォーキングから復活する予定です。

alls3.jpg

オールスポーツの写真、フィニッシュ後に
撮られてたものがあってビックリ。
カメラのほうを向いてるんですが、
撮られたの気づかなかった〜。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://sports.blogmura.com/jogging/
posted by ぽち at 22:49| Comment(2) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽちさん

写真購入したのですね。
私のはあまり写真映りが良くないので
購入見送り(笑)
それにしても高いですね。プロの写真


フルマラソン完走後は
足のダメージがすごいですね。

私もジョグ再開したけど
もう治ったはずだと思っていた
左膝裏の痛みが走行時に出ました。
(ウォーキングだと全く平気)

ぽちさんも
じっくり足を治してくださいね。


Posted by 山ちゃん at 2014年11月10日 21:00
>山ちゃん

写真、高いですよね〜。
いつも躊躇しますが、結局買ってしまいます(^^;)

ウォーキングで大丈夫だったのに走り出して
出る痛みがあるのですか。
それは走ってみないと気づかないですね。

山ちゃんも無理しないようにしてくださいね。
わたしは来週あたりからになりそうです。

Posted by ぽち at 2014年11月11日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。