2017年03月31日

ランニング始めてからの5年間振返り・前編

今日は久しぶりにスーパー銭湯(葛の湯)へ
行って来ました。岩盤サウナ堪能♪ 
どこかのレジオネラ菌のせいか空いてました。

121021turtle.jpg

今日でランニング5年生が終わります。
明日から6年生ですが心機一転の1年生気分で始めます。

そこで5年間を振り返ってみま〜す。長くてすみません!

●走り始めたのは2012年4月、きっかけは「走れば消費カロリーはウォーキングの2倍」と知ったこと。その2年半前からウォーキングを始め、今でもコースにしている和泉川沿い往復7kmをほぼ毎日歩いていました。カロリーのことを教えてくれた整体士さんから「走れないならウォーキング中に電柱1本分だけ走ってまた歩くを繰り返してれば続けて走れるようになる」とアドバイスもいただき実践したのでした。

電柱1本走って歩く。また電柱1本… だんだんと電柱2本分続けて走れるようになって… 今日は100m続けて走れた!とか、300mとか感動の毎日(^^) 面白くなってきたところでスロージョグ本3冊(著者・金哲彦、市橋有里、田中宏暁)を読み、姿勢や走るコツみたいなのがわかってきて距離がグンと伸びました。過去ブログを見ると、走り始めた4月が39km、5月には119kmと3倍の距離!

sjnakata.jpg

●田中宏暁氏の本でマラソン大会出場を夢見てしまった!
田中氏の著書で「つま先立ちスロージョグならシニアから始めてもフルマラソン完走できる」とあって、はぁ?となりながらもフルマラソン走りたくなった自分がいました。そして、5月中にタートルマラソン10km(10月)エントリーして、6月に西湘バイパスを走れる!と湘南国際マラソン10km(11月)にもエントリー。初めてのクリック合戦を経験しました。

●7月に本格的なランニングシューズ購入。
走り始めたとき買ったプーマの安いランシュー。しかも走るには小さい通常の靴サイズ。ランシューは通常サイズの1〜1.5cm大きいのにするということも本で知り、シューズアドバイザーのいるお店であれこれ試しまくって、アシックスニューヨーク2160と型落ちのミズノウェーブエアロ10を購入。エアロは脚力に見合わないのだけど、履き心地のよさと値段におまけ感覚で。

●8月からブログ「ぽち走る」開始。それまではジョグノートと多趣味満載の日常ブログに書いてました(現在休止)。そして初フル狙いで東京マラソンの抽選エントリー。当たるわけないと思いつつも、制限時間7時間ないと完走できそうにないから当選を願って!
ランニングシューズ、2足を交互に履くにはニューヨークと同レベルのシューズが必要になり、ミズノウェーブライダー14を購入。夏は夜の俣野公園を走ってました。今では夜10時に帰宅とかしないけど当時はしてました。そういえば、誰もいないのに袖をひっぱられる経験もしたっけ〜(ゾー!)

●東京マラソン当選!初フル決定!
フルマラソンまでに10km、ハーフと段階を踏むため、1月のハーフにエントリー。初フルへの6ヶ月計画を読み漁ったマラソン本を参考に立てました。これが失敗の元だったのだけど。

●初のマラソン大会から。
ドキドキの初大会は10月のタートルマラソン。俣野公園周回で10kmは日常的に走るようになってたのでそれほど心配なく1時間4分でフィニッシュ。(現在1時間2分がPBなので進歩してません〜)。ワイナイナさんとの写真、走るウェアじゃないですよね。次に向けて機能性タイツ(CW-Xスタビライクス)をすぐに買いました。

●2つめと3つめの大会は散々!?
タートルの2週間後に湘南国際マラソン10kmでした。何度も書いてますが、大会会場の最寄り駅で老犬の様子がおかしいと連絡を受け帰宅。今のところ唯一のDNS。老犬は天使になり、同じ祝日に開催していた間は毎年、命日として写真をポーチにつけて走ることに。

11月末に第1回富士山マラソンの河口湖1周18kmの部。寸前に高熱を出す風邪をひき、葛根湯液体薬でなんとか熱を下げ、深夜に車を運転しての参加(深夜の山中湖では大きな角の鹿に遭遇、雪もちらつく寒さ)。ニュースにもなったマラソン駐車場渋滞で5000人がスタートに遅れた大会で、この駐車場問題のために河口湖1周の部はこの1回のみとなりました。ある意味、記念に(^^;) 参加賞のスワンズのサングラスは今も重宝しています。

13tanimari.jpg

●1月に初ハーフ(タニマリ・現在のハイテクハーフ)、1月末に5年連続で参加している湘南藤沢市民マラソン10マイル(16km)。初ハーフは2時間11分(PBは今のところ2時間4分なのでこちらもあまり進歩なし)。写真は当時まだ郵送だったハガキの記録証。

●2月末、初フルで東京マラソン。フルの1ヶ月前に30km走という一般的な計画に沿ったところ足を痛めての参加となりました。関門におびえ、何度となくストレッチに立ち止まりながらもあまり歩かずフィニッシュでき、初フルの高揚感・達成感と東京マラソンが持つ感動的な雰囲気(規模・沿道の応援などなど)に、完走メダルとフィニッシャーズタオルをかけてもらったときは涙が出ました。5時間55分。

●ラン2年生になった4月、今のところ唯一の雨(あがり)に苦しんだ大会、東日本国際親善マラソンハーフ。相模原の米軍基地内を走るのにひかれてエントリーしてました。号砲まで本降りの雨。号砲で止み、シューズはびしょ濡れ、着ていたレインウェアでムレムレ。30km走とフルで痛めた足にとどめをさした、出なければよかった大会です。

最初の1年は新しい経験ばかりで思い出深いですね。100mも続けて走れなかったのが1年経たずにフルマラソン走れちゃうんですから〜。2年目以降は駆け足で後編、次回に続きます。


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 20:16| Comment(2) | 記録(大会・シューズその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6年生進級おめでとうございます\(^o^)/

走り始めてから初フルまでの期間や
初フル1か月前に膝を痛めたこと、
関門におびえた初フルなどなど・・・
私も全く同じ経験をしてきたのでビックリ。
勝手にますます親近感湧いちゃいました(≧▽≦)

いろんな情報を目にすると
つい自分のキャパを越えてまで
無理矢理セオリー通りにやっていた
私の苦〜い一年生時代を思い出します(^^;)


Posted by みおた at 2017年04月01日 00:27
>みおたさん

ありがとうございます!6年生になりました(^−^)

走り始めの頃から同じような経過をされてたのですね。
みおたさんとはいろいろと似たラン経験をしてきてますよね。
重ならないほうがいい不調なども〜。
わたしも日頃から勝手に親近感を感じてました。

それでいて、みおたさんは交流やイベント・レース
参加も多くて、出不精なわたしはいい刺激をいただいてます♪
1年ずつでも成長していきたいです。
Posted by ぽち at 2017年04月01日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。