2017年04月03日

ランニング始めてからの5年間振返り・後編

前後編のはずが前中後編の3部作になってしまった後編で、5年間の振返り〆ます。

1akurokan.jpg
(絶景の東伊豆町クロスカントリー)

ランニング4年生
●4月はウォーキングでリハビリ。数年前に始めた旧東海道歩きで小田原から箱根関所・駅伝ミュージアムまで約20km歩きました。途中の平坦な山道は6km程度ジョグ。 

●この頃まで早朝ランもよくしていましたが糖尿病の人は心筋梗塞の危険性が高いので午前中は運動しないほうがいいと知ってやめました(早くても運動は10時以降が良いそうです)。

●今まで問題のなかった血圧が高血圧域になってしまい、減塩を徹底するため、塩の代わりにスパイスを使うインド料理を作るように。スパイス各種やレシピをいろいろ調べました。スパイス&野菜メイン食で血圧は正常になり、その後も時々続けてます。

●10月に1週間犬連れドライブ旅行。松本・安曇野〜白馬〜鬼無里〜軽井沢〜那須〜裏磐梯などをまわり、旅ランを白馬の山と軽井沢、裏磐梯でしてきました。(初旅ランは1年生の時に伊豆高原でしていました)。

151206shonan2.jpg
(湘南国際マラソン・山ちゃんと)

●マラソン大会は湘南国際マラソンが11月から12月に変わったことで12月のフルがシーズン最初の大会に。足の調子が一進一退な状態で途中諦めかけたのを奮起、4時間46分とPB更新できました。

●湘南国際のあと、東伊豆町クロスカントリーへ時々走りに行くように。トレイルランの要素が濃い絶景のクロスカントリーです。なかなか出番のないウェーブエアロ10、底が薄くて足をコントロールしやすく、クロカンで重宝。

●1月。2年連続で箱根駅伝をナマ観戦して何を血迷ったのか、三浦みちくさウルトラマラソンの60kmにエントリー!クロカンの坂で鍛えてれば何とかなると思った!?無理するとすぐに足が痛むのに。

●新横浜の日産スタジアムでマッチがプロデュースした大会イイコトチャレンジのハーフに参加。スタジアムの中と外を駅伝の人たちと一緒に周回。スタート前にあちゃさんが声をかけてくださり、新たな出会いがありました。ブログやっててよかった。2時間4分でハーフPBですが距離が足りなかったような。

●1月末は恒例の湘南藤沢市民マラソン10マイル。2週間後、箱根駅伝の選手も出場する神奈川マラソンハーフ参加。2時間9分。

●3月、板橋シティマラソン・フル。20km前で臀筋が思い切り攣って残りの多くを歩いてフィニッシュ。回収バスがある大会だったら間違いなくバスに乗ってDNFしてました。自力で戻るしかないので完走できたという…(^^;)5時間20分。年末に買ったウェーブエアロ14のデビュー戦だったのに、やはり大会はレベルにあったウェーブライダーにしておくべきだったかも。

1b2016miura1.jpg
(三浦みちくさ60km・城ヶ島エイド手前)

ランニング5年生・故障と健康問題で振り回された1年
●板橋シティで痛めた臀筋と足をウルトラ60kmまでに治すため、長距離は走らずに過ごして、5月初ウルトラに挑みました。三浦みちくさ100km・60kmウルトラマラソンの60km。みちくさはエイドの食べ物が盛り沢山。腸は弱いが胃は強いという身にはうれしい食べまくり60kmを堪能しました。しかし初めて足の爪が死にました(2枚)。9時間31分。治ってなかったのによく完走できたと思ってます。またいつか挑戦したい。

1c2016miura23.jpg
(三浦みちくさ・テープ切ってゴールは初体験)

●通院している糖尿病クリニックで冠動脈疾患を疑われ、夏は心臓系の検査が続くことに。もう走れなくなるかもと気持ちも下がり2ヶ月近くわずかなジョグと7月から始めたポケモンGOウォークで過ごしました。9月に何の問題もないとの結果がようやく出て喜んだのも束の間、将来のために処方され飲み始めたコレステロール降下薬の副作用で筋肉が固く動かなくなって行ったのでした。

1d2016shonan.jpg
(湘南国際のTV画面・最終関門を折返す姿が映ってた)

●12月の湘南国際マラソン。薬で蝕まれていた筋肉は主に板橋シティで痛めた臀筋からハム。それ以外に呼吸もきつくなりやすくなってました。初フルよりも遅いワースト記録更新で6時間4分。かなりショック。

●誕生日プレゼントに買ってもらったウェーブライダー20が12月に届きました。水色1色でめちゃ好み。ライダー17の紫は約1000km走って引退。

●1月の湘南藤沢市民マラソン10マイル。5年連続参加のなかでワーストなタイムとワースト続き。1月中にコレステロール降下薬の服用中止、筋肉の柔軟性が戻ってきて心肺もラクになってきました。

1etokyo2017.jpg
(東京マラソン)

●2月末、2度目の東京マラソン。足も臀筋も良くなってないのに新しいコースを走りたくなり、どうせ当たらないからと応募。悪運というか自分のくじ運を甘く見た結果、当選。13倍の競争率を考えると外れた12人のためにも頑張らねばとプレッシャー(^^;)2ヶ月間毎週整体に通うも大会2週間前にぎっくり腰寸前レベルの腰痛を発症して歩くことすらままならなくなりました。なんとか回復、スタートからハーフまでは久しぶりに気持ちよく走れ、途切れない応援と東京マラソンの高揚感を味わいながら新しいコースを完走。ワースト更新は免れ、5時間47分。

●ヘタすると命に関わる健康問題に振り回されたため、ランニング本よりも病気関連や食事関連の本を多く読みました。

170226medal2.jpg

まとめ
●年間走行距離(ジョグノートの年記録で1〜12月単位)
2012年4-12月959km、2013年1008km、2014年1321km、2015年1415km、2016年1468km、2017年1-3月251km
クロストレーニングとしての自転車は、2012年167km、2013年406km、2014年355km、2015年52km、2016年なし、2017年220km。
ウォークは332km、354km、182km、196km、383km、142km。
5年間でラン6425km、自転車1200km、ウォーク1590kmでした。

●こうして5年間振り返るとピンポイントで学習能力のなさに身体を痛めてきたことがわかります。元々の骨格の歪みや身体の固さがストレッチや筋トレで良くなってきている点は良いのですが。加齢を考えると現状維持すら努力が必要。足や臀筋を完治させるノウハウは浮かびもしませんが、焦らずじっくり身体を鍛えなおして、シニアになっても走り続けられるように取り組んで行こうと思っています。6年生はフルにエントリーしないでぼちぼち励みます。

以上、長々と読んでいただき、ありがとうございました。


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 16:01| Comment(2) | 記録(大会・シューズその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5年間いろんなことがあったのですね
ランや自転車やウォークの走行距離もすごい!
もう感動的な数字です\(^o^)/
こうしてRUN歴史を振り返ると感慨深いものがあったのでしょうね

私は現在4年生。上級生のぽちさんと同じく
シニアになっても走れることを目指したいです
Posted by みおた at 2017年04月04日 23:29
>みおたさん

振返ってみると普段は記憶の彼方にいってる
出来事もよみがえってきました。
5年って案外長いですね。
走行距離はみおたさんのほうが感動的な数字に
なってるのではありませんか〜?(^−^)

お互い、身体と相談しながらずっと走り続ていたいですね♪
Posted by ぽち at 2017年04月05日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。